販促のお問合せフォームはこちら

HOME > クリーニング経営コラム > 過去コラム一覧 > 2019年のクリーニング業

クリーニングの経営コラム

2019年のクリーニング業

あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます

平成最後の年は希望と行動力をもって挑みたいと思います。しかしクリーニング業界にとっては相当厳しい年になりそうです。昨年まで日本経済を支えていたのは輸出産業です。実感がわかないと言われながらも自動車を中心とした輸出産業が景気を引っ張っていました。実感がわかなかったのは国内産業が活性化して景気が上向いたのではなく、外国の好況に乗って貿易により利益を出す企業が日本の産業をリードしたからです。

ところが米中貿易摩擦により景気の先行きが不透明になってきました。そして今年は10月からの消費税増税があります。クリーニング業界にとっては厄介な年になりそうです。

このような中でクリーニング料金の値上げをどうするのか。昨年から相当厳しくなった人手不足問題で、クリーニング工場が維持できない。クリーニング店が閉店に追い込まれるなどの事態も起こるかもしれません。相当の覚悟はしておいてもよいと思います。

5月には元号が変わります。お祭り状態もおこると思います。私たちは足許を固めて、楽しいことも厳しいことも受け入れて、クリーニングという事業を選んだのですから立派に行動したいと思います。

  

クリーニング快活会

2019年1月23日

販売促進のお問い合わせはグリーングラスへ。 販売促進のお問合せフォーム

ページの先頭へ