販促のお問合せフォームはこちら

HOME > クリーニング経営コラム > 7月異変

クリーニングの経営コラム

7月異変

  クリーニング業界には「春の繁忙期」という希望の用語があります。わざわざ「春の」というには他の季節も繁忙期があったのでしょう。夏と冬は考えられないので、これは「秋の繁忙期」だったのですが、今では「秋の繁忙期」はありません。これはクリーニング業界だけれはなく、アパレル業界でも同じで、昔は秋物の洋服があったのですが、今は消えました。春の服の次は夏の服、夏が終わるとすぐに冬の服となります。この流れは変わらないようです。

 ところがクリーニング業界では、秋が消えて残った春の繁忙期があやしくなってきました。ここ2〜3年は以前のように出ません。何か対策を立てなければと考えていたこの7月、予想以上に力強く感じました。4月〜6月の繁忙期は今ひとつでしたが、7月は例年と違って前に進みました。まさに7月異変です。春の繁忙期の不足を少しでも7月でうめ、その勢いを繋げていけばよいのです。やればできます。今後大いに期待します。

クリーニング快活会

2016年9月15日

販売促進のお問い合わせはグリーングラスへ。 販売促進のお問合せフォーム

ページの先頭へ