販促のお問合せフォームはこちら

HOME > クリーニング経営コラム > 繁忙期を長く続けるために

クリーニングの経営コラム

繁忙期を長く続けるために

4月に入り本格的に活気が出て、繁忙期らしくなりました。3月が今ひとつもの足りなかったので、4月に大きく期待したいというのが本音です。

最近の繁忙期の特長のひとつは、ダウンウェアやコートといった高単価品が多くなったことです。ダウンウェアとジャケットの数量があまり変わらないクリーニング店さんもあります。そこへもってきて今年はコートが非常に多く、売上高は好調です。しかし売上にはヤマがあります。ダウンウェアはこのところよくでて年中商品になりつつありますが、繁忙期は実によく出ます。ところが一時大量に出たあと、スーッと少なくなり、それと共に繁忙期がしぼんだように感じるものです。

そこで一工夫が必要です。販促が必要となります。
販促には費用対効果という原則があります。最小の費用で最大の効果を得るという原則です。クリーニング業では繁忙期がこの原則のもっとも適した時です。思い切った販促をして、ここ数年の繁忙期はダウンウェアと共にあるようにみえる状況を打破して、繁忙期を長く続けたいものです。それにはジャケットや婦人服、セーター・カーディガンといった、クリーニング業で従来から中心になっていた商品を販促して、6月にピークになる布団・毛布へ繋げることです。

 今は繁忙期の最中。忙しいなかにもこの先のことを考えて経営してください。

クリーニング快活会

2016年4月28日

販売促進のお問い合わせはグリーングラスへ。 販売促進のお問合せフォーム

ページの先頭へ